スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

久しぶりに受けた婦人科検診は…

2008/12/02 火曜日

 今日、婦人科検診(乳ガン&子宮ガン)を受けに病院へ行ってきました。考えてみたら、前回行ったのは、うーん、うーーーん、うーーーーーーん、と思い出すのも難しいほど前。たぶん10年ぐらいは経っているのではないだろうか…

 だいたいここ何年も風邪さえひかず、病院にかかることなどほとんどない私(電動バイクで世界一周の時は、海外で腹痛と骨折でお世話になったけどね)。
 今日、検診に行ったのは、いつもの利用駅の近くにある大きな病院なのですが、この病院の存在自体も初めて知ったくらい。ほんと我が家、病院にはお世話になっていませんね。

 ちょいと緊張しつつ受付へ行き手続きをすると、そのまま待合室へ。
 まずは乳ガン検診ですが、この病院には専門の乳腺外来というのがあるんです。
「乳腺外来なんて初めて見たけど、これってどこでもあるのかな?」なんて事を思いつつ、名前を呼ばれて診察室に入ると、なんと先生は女医さんでした。

 先生に触診で見てもらった後は、初体験のマンモグラフィー検査へ。
 これは、乳ガン発見のためのレントゲン。おっぱいを挟んで伸ばして、透明の板で上下や左右からびよーーんと潰し、そのおっぱいだけをレントゲンに撮ります。
「私、挟めるほど胸がないんだけど、大丈夫かしら…」と心配していたのですが、若いレントゲン技師のお姉さんは、親切丁寧に対処してくれ、ちゃんと撮ることができたよ。よかったよかった…

 しかし、問題はその後、もう一度、乳腺外来に戻ると、さっきの女医さんが「う~ん」とうなっています。どうやら、さっきのマンモグラフィーの結果で、気になるところがあるらしい。
 急遽、予定になかったエコー検査を受けることになりました。

 そのエコー検査も、担当が女性だったことにホッとしつつも、もうこうなったら、まな板の上の鯉状態です。

「もし、これで”乳ガン”なんて事になったらどうしよう…」
「入院も手術もしたことがない私が、病院のお世話になるのかな…」
「そう言えば、友人は子宮筋腫だったけど、手術した後に人生についていろいろ考える事になり、一念発起して起業し人生が変わったんだよな…」
「私も、人生を考え直しなさい、もっと有意義に生きなさい、ってことなのかな…」
「まぁ、乳ガンなんてことだったら、どうしたって変わるしかないよな、きっと…」
いろいろな思いがよぎります。

 エコーの結果が出る前に、今度は子宮ガンの検診。
 今度は婦人科で名前を呼ばれ、中に入ると、またまた女医さん。なんと今回、診察してくれたのは、全員女性ということになります。
 いやぁ~、これはなかなかいいんじゃないでしょうか。やっぱり女性だと安心感が違います。別に、男性の先生がスケベ心で診察するとは思っていないけれど、やっぱりなんだか気が進まないものですからね。

 そして、再び乳腺外来へ………。
 結局、心配することはなかったのですが、女46歳、もうあちこちガタが来る年齢です。やっぱり、検診は毎年ちゃんと受けなくちゃダメだな、と反省しました。
 
 まぁ、なぜか「絶対大丈夫!」という気がしていたので、あまり落ち込むことはなかったけれど、病院にいた時間は、なんと4時間。さすがに疲れました。はぁ~

| 18:33 | 健康の話 | コメント(3) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

4時間も! お疲れさまでした。
婦人科検診、私も今週です~。
5年前の入院きっかけに、毎年、受診してます。
早期発見が大事ですもんね。
ヒロコさんも、ほんとに毎年受けてくださいね~!

くらも | URL | 2009/04/05 (日) 00:06 [編集]

よかったね~

おだいじに(^_-)-☆

はまちゃん | URL | 2009/04/05 (日) 00:07 [編集]

>くらも
バイクのメンテはできないけれど、
自分の体のメンテぐらいは、できるようにならなくちゃ…
と反省しております。
お互い、自分の体を大切にしましょうね。

>はまちゃん
はい、よかったです。
まだ週末には、胃ガン検診が残っていますが…(汗)

ヒロコ | URL | 2009/04/05 (日) 00:08 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。