スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

人生の修行中

2010/06/02 水曜日

私、今やっているお仕事の中で、ある申請の受付業務を一手に引き受けています。

これがさ、なかなか大変なんですよ。



なんせ、市民の税金から補助金を支払うため、けっこう審査が厳しく、きちんと書類が整っていないと、受理できません。
けれど、その受付場所がまた、とてつもなく辺鄙なところにあり(なので私もパッソル通勤)、書類を突っ返されたら、またそこに申請に来るのは、かなり辛い。

そんなこともあり、申請に来た業者の方は、なんとか受理してもらおうと、粘ったりするんです。
でも受ける方としても、いい加減な状態で受理するわけにもいかず、うまく説明して、もう一度、書類を整え直して申請に来てもらうようにしなければなりません。

これがまた、難しいんですよね。


もし、私が業者側だったら
「やっぱり、お役所は融通がきかないよな」
「これくらい、なんとかならないのかしら」
「それならそうと、最初に説明してよ」
とか、思っちゃうんだろうなぁ~

本来、短気でハッキリものを言いたいタイプの私。
相手を怒らせることなく、納得させた上で、もう一度出直してもらうという方向に持っていくのは、至難の業です。
絶対に、喧嘩するわけにはいきませんからね。


今日も、就業時間近くに、かなり厳しい意見をいただき、正直参りました。
結局は、なんとか納得していただきましたが、業者の方の言うことも、私の方も、どちらも間違っているというわけではないんですよね。
でも、そのままでは不備としか判断できないし、不満をぶつけられても、どうしようもありません。

誰も助けてくれないし、一時はどうなることかと思ったけど、投げ出さずに最後まで一人で対処でき、ほっとしました。


先日は、やっぱり申請の時に、ちょっともめた業者さん。
また、次の申請に来たのですが、
「今回はバッチリでしょ?」
と、笑顔で書類を提出してくれました。
なんか、かなり嬉しかったです。





もしかしてこれって、私の新しい修行なのでしょうか。
自分の弱点を克服するための、自分の欠点を乗り越えるための、そんな修行の場を与えられているのかも…、なんて思うようになってきた、今日この頃です。



人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ   
いくつになっても、完璧な人になることなんてありません。
人生は、死ぬまで修行なのかもしれませんね。
「そうかもなぁ~」と思ったら、ポッチとしていってね。

| 01:23 | ひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。