スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

上野のおばさん

2010/04/16 金曜日

私たち夫婦は、1997~1999年にかけて、カブ50cc2台で北南米縦断の旅をしていた。
カナダ・アメリカを走って、メキシコに入ってからは、あちこちで日本人宿にも滞在し、気の合う仲間もできた。

そして、ある時、そんな数人の仲間たちと、「クリスマスと年末年始を一緒にウシュアイアで過ごそう!」と誓い合う。


みんなが目指したウシュアイアという南米大陸最南端の町には、上野さんご夫婦がご厚意で旅人を受け入れている『上野山荘』と呼ばれる日本人宿があった。
私たちはみんなに再会することはもちろんだけれど、そこに行くのを、そして上野さんご夫婦に会えることを、とても楽しみにしていたのだ。


結局、みんなと会う約束の日よりも10日も遅れて到着したため、もう誰にも会えないんじゃないかと心配したが、な・な・なんと懐かしい顔ぶれがみんな揃っていたよ(嬉)


思えば、ウシュウアイアに到着し、最初に上野のおばさんに会ったとき、「やっと着いたね、みんな待っているよ!」と言ってもらったんだっけ、そのおばさんの一言が、なんだかすっごく嬉しかったことを覚えている。
上野のおばさんは、当時、80歳近くだったというのに、すごい記憶力で、みんなの名前はもちろんのこと、誰がいつ着いたか、誰がなんて言っていたか、ちゃぁーんと覚えていたっけ。
そんな上野のおばさんは、厳しい土地で生きているにもかかわらず、上品な雰囲気を失わず、穏やかだけれど、すっごく元気でかわいい方だった。

そして、上野のおじさんの方はと言えば、それはそれは個性的で、チャーミングで、みんなのことを想って気を配ってくれ、優しいけれど礼儀には厳しい方だった。
宿には、日本人の若者が沢山滞在していたが、おじさんは挨拶が出来ないやつが大嫌い、嫌いなやつには「おまえ、いつ出発だ?」と聞くので、すぐ分かって可笑しかったけ(笑)。

2週間以上も滞在した『上野山荘』での思い出は、本当にたくさんある。
おばさんと一緒に料理を作ったりもしたし、毒舌のおじさんには、とってもかわいがってもらった。


日本からのTV取材の人たちが来るとのことで、部屋を空けなければならなくなり、仲間のひとりのお誕生日にアサードパーティを開催したのを最後に、ひとりふたりと出発していった。
ぐずぐずと出発を遅らせていた私たちも、すっかりみんなを見送り、とうとう出発することとなる。

出発の朝、前日まで体調を崩して寝込んでいたおじさんが、見送りに来てくれた。
長期滞在していた仲間が最後のひとりとして残り、おじさんとふたりで手を振ってくれていた姿を、今でも忘れられない。
そして、おじさんが最後に「淋しくなるな…」とつぶやいたあの声を、一生忘れることはないだろう。


そんな思い出の地を再び訪れ、おじさんとおばさんに再会する夢は叶わなかった。
数年前におじさんが亡くなり、先日、おばさんが永眠されたそうだ。


毒舌のおじさんも、本当はすっごい寂しがり屋だったんだと思う。
今頃、おばさんと天国で再会し、照れくさそうな笑顔を見せているのではないだろうか…

IMG_5801_20100417000729.jpg

心よりご冥福をお祈りいたします。


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ   

| 23:02 | 旅の思い出 | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

エッ!亡くなられたんですか!

2006年8月、一時帰国時の歓迎会でお会いしました。
突然の上野おばさんの訃報に、とても驚いています。

在りし日の元気なおばさんを囲んでの↓歓迎会模様です。
http://brown.ap.teacup.com/takabou_ka393/139.html

心よりご冥福をお祈りいたします。  ☆合掌☆

相模のコン | URL | 2010/04/17 (土) 06:21 [編集]

そうそう、上野のおばさんは、
日本に一時帰国し、みんなで大々的に迎えたんですよね。
なので、ウシュアイアに行ったことがなくても、
おばさんに会っている方も、大勢いたんですね。


私たちは、旅の途中でお会いすることが出来ませんでしたが、
あの時、おばさんも久しぶりの日本を楽しめ、本当によかったです。

ヒロコ | URL | 2010/04/19 (月) 07:35 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。