スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

やっぱりヘルニアでした

2009/12/20 日曜日

先日、ネットで見つけた神の手の弟子 『猫の手』 と呼ばれる整形外科医吉原先生の診察に行ってきました。

事前に、先生のブログを最初から最後まで目を通し、人柄も手術や患者さんに対する姿勢も納得し、全てを先生におまかせする気持ちで向かった病院。

診察が始まる9時ちょうどぐらいに着いたのですが、順番はすでに12番目でした。
整形外科の診察室は2つあり、ふたりの先生が診察に当たっているのですが、吉原先生の方の順番はなかなか進みません。
これも、ひとりひとり丁寧に話をしている証拠ですね。
覚悟は出来ているので、のんびりゆったり待っていましたよ。

結局、診察室に呼ばれたのは、2時間後…。
ホームページですでにお顔は知っているので、なんか実際にお会いするのが不思議な感じです(苦笑)

先生のスタンスとしては、患者さんがどうしたいかによって、一番いい方法を考えようということ。
先生から 「手術した方がいい」 とは言わないから、との事でした。
なんか、言って欲しい気もしますけどねぇ~

とりあえず今の状況と、ここまでになった経緯を話し、治療方針はMRIとレントゲンを見てから…、ということになりました。

それはいいのですが、私が今一番辛いのは、足を伸ばし上向きに寝ること。
MRIを撮るためには、その状態で30分程じっとしていなければなりません。
先生にその事を話すと 「じゃぁ、痛み止めの座薬入れますか…」 と言われてしまいました。
座薬なんて、子供の頃には使ったことあるだろうけど、大人になってからは記憶無し、イヤだけど仕方ないですね。

で、座薬を入れてまで挑んだMRIでしたが、全く効き目がなかった感じ(涙)
痛さに耐えながらじっとしていたのですが、どうも耐えられなくなり、お腹がプルプル…
レントゲン技師のお兄さんに 「痛い?あと3分ぐらいだから我慢してねー」 と優しく言われて、最後までなんとか乗り切ったのですが、終わってから聞いたところ、3回ぐらい取り直ししたんだって…、やっぱり動いてしまったようです。ごめんちゃい。

その後、普通のレントゲンも撮ってもらい、再び吉原先生の元へ…

そこで下された診断は、2カ所にある 椎間板ヘルニア と、腰椎不安定症 という症状。
私が想像する脊柱管狭窄症ではありませんでした。

この状態から考えると、選ぶ治療方針は3つ。

1.このまま手術をせず、なんとか生きていく…
     痛さに耐えられるか、このままの状態で普通の生活ができるのか
2.ヘルニアを取り除く手術のみをする
     ヘルニアが再発する可能性も高いが、今の辛さはなくなるかも
3.腰椎不安定症もきちんと直す手術をする
     けっこう大がかりな手術だろうけど、よくなれば今後の心配はなくなるかも

まぁ、それぞれに対するリスクもあるだろうし、結局のところ自分が痛みにどれくらい耐えられるか、ですかね。
もちろん自然に症状が改善してくれば、それが一番いいと思うんだけど…。

ヘルニアからくる痛みは、ヘルニア自体の大小など見た目の状態と、患者自身が感じる苦痛が一致していないことも多く、先生も判断が難しいらしいです。
まぁ、本当のところは “手術したほうがいい” と “まだ手術しなくても大丈夫だろう” という状態はあると思うんですけどね。

「今日のところは、ブロック注射をして様子を見ましょう」
という事になり、吉原先生オリジナルだというブロック注射をしてもらいました。

次の診察は、1週間後…
今よりもいい状態になって、手術を回避できるといいんですけどね。


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ   
診察の日は、藤原家17回目の結婚記念日。
そして、次の診察日は、クリスマス!
なんか、5年前にもそんな事があったなぁ~
あの時は、パッソルとマジェでオーストラリア横断中…
一番の難関日が、結婚記念日とクリスマスだったのですよ。
でも、あの時も結局はうまくいったんだから、今回もきっと大丈夫だよね

| 15:01 | 健康の話 | コメント(8) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

こんにちは^^

信頼出来るお医者様が見つかって良かったです。自分で見ることの出来ない処の治療はお医者様が頼りですもんね!
来年は年女だもん、絶対良い方向に向かうと思いますよv-364

こた | URL | 2009/12/20 (日) 15:45

俺は二十歳の時に手術をしたけど、その頃は今のように技術が進んでなくて3週間ベッドの上で動けませんでした・・。

今ならレーザーで焼いて入院も無しなんてことになってるみたいだし痛みに耐えるより、とっとと手術したら~。

びわこなまず | URL | 2009/12/20 (日) 17:16 [編集]

痛みは嫌ね。

僕はこの一年間耐えて来ました。
病院を廻り、やっとたどり着き来年正月早々手術です。
私生活はまともに出来ず、バイクも乗れず。。。

あまり痛みがなければ、3か月程様子みてなのですが痛みが引かず、日を増すほど酷くなる一方。
ヘルニアは人それぞれですね。

まっち | URL | 2009/12/20 (日) 18:15 [編集]

自分は20歳過ぎのときに、椎間板やっちゃいました。
ただ幸運なことに、軽症だったので、手術の話はなく
数ヶ月おとなしい生活して、その後数年で症状は無くなりましたが。
(もしかするとヘルニアじゃなかったのか??)

ひろこさんが、全てを任せられる先生に出会われたのが
何よりだと思います。
手術を回避するのかどうかわかりませんが、このまま先生を
信頼して、快方に向かわれることをお祈りしますね!

てつ | URL | 2009/12/20 (日) 22:27

やっとε=( ̄。 ̄;)フゥ

やっと開放&快方への入り口にたどり着いたようですね。

快方に向かって進んでください。

はまちゃん | URL | 2009/12/21 (月) 10:32 [編集]

>こたさん
そうだ、来年は年女だ!
ところで、年女年男っていい事あるのかな?

>びわこなまず
30年近く前に手術したとは、すごいね。
きっとその頃よりも、格段に技術は進歩していることと思うが…

>まっち
おーーー、ヘルニア仲間がここにも!
まっちは手術なのね、私も悩みどころです、う~ん。
手術後の様子、教えて下さいね。
すっきりさっぱりすること、祈ってます♪

>てつさん
決断は、どの程度のところでいつすればいいのか、難しいです。
しばらくおとなしくして、「ただの腰痛持ち」ぐらいになればいいんだけど…ね。

>はまちゃん
まだ方向すら決まっていませんが、
快方に向かっていると信じたいです。

ヒロコ | URL | 2009/12/22 (火) 01:00 [編集]

私も、来年年女です。同じく腰痛にやられてます。。。ヒロコさんに比べると全然軽いんですけど、両脚の裏に痛みが走るので、やっぱり背骨の一番したの軟骨を痛めてるんですけど、昨日、レントゲンで下から2番目も。。。(泣)来週MRIです。ただの坐骨神経痛だと思ってたんですけどね。でも、ひとついわれたのが、やっぱりダイエットしてくださいって。背中の贅肉が負担を掛けているらしく・・・でも、運動するのもつらい。

広島の中では評判の整形外科なんですけど、ヒロコさんのその名医に診てもらいたいなぁ。良かったですね、ほんと信頼できそうな先生に出会えて。しっかりケアしてあげてくださいね、大事な腰ですから。

きのこ | URL | 2009/12/22 (火) 12:52

>きのこちゃん

きのこちゃんも年女なのねぇ~
私よりは、かなり若いわけだけど(笑)

それにしても、お互い腰痛は辛いね。
しかし、背骨の軟骨を痛めているとは、一体何をしたのだ?
たいしたことなく、早くよくなることを祈っています。

来年は、年女パワー爆発で、いいこといっぱいあるといいね♪

ヒロコ | URL | 2009/12/23 (水) 14:48 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。