スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

捨てる時期が分からない(靴下編)

2009/01/28 水曜日

 私、靴下の捨て頃が分かりません。
 とりあえず、穴があいたり、足首のゴムが伸び切っちゃって、どうにもずり落ちて来るようになったら、そりやぁ私だって捨てますよ。さすがに、履いていても辛いですからねぇ~

 2004年に、『電動バイク世界一周』 という旅を始めるに当たって、武田レッグウエアーの武田さんが、私たちの旅に自社の靴下を提供してくれました。
 その靴下の履き心地がものすごくよくて、なかなか捨てられない…、というのも一要因ですけどね。

 その武田レッグウエアーの靴下とは、右と左が決まっている立体設計。
 足や靴には左右があるのに、なんで靴下は左右が同じなのか? もっと足に合った左右のある靴下があったら、最高の履き心地になるのでは…、と考えた武田レッグウエアー。
 1995年から開発を始め、試行錯誤の末に、1997年に世界初の左右のある靴下(R×L Series)ができたそうです。
 そして今では、日本ウオーキング協会推奨商品ともなっている、最高の靴下なのです。

f0184577_18413866.jpg 私は、その左右のある靴下を最初に履いたとき、ものすごい衝撃を受けました。きゅっと足にフィットした感じが、とても気持ちよかったのです。
 私は、ちょっと厚手で、フィット感がしっかりしているタイプがお気に入り。
 寛一はその頃、赤い靴下にこだわっていて、特別に、赤い寛一スペシャルを作っていただいたんだっけ…。

 そんなお気に入りの靴下を、今も、繰り返し繰り返し履く私たち。
 今日は、普段履いている靴下を見直したのだけど、やっぱりなかなか捨てられない。
 一体、正しい靴下の寿命はどこで見極めたらいいのだろうか…、と今日も悩む私です。

| 23:32 | 主婦な話 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。