スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

毎日を大切に過ごしたい

2009/01/17 土曜日

 1995年1月17日午前5時46分、淡路島北部を震源地としたマグニチュード7.3の大地震が起こった。その地震は、淡路島や兵庫県を中心に大きな被害をもたらし、6千人以上もの犠牲者を出した。
 その阪神・淡路大震災が発生してから14年…

 私はその日、自宅のTVでニュース映像を見ていた。
 あまりにも衝撃的な映像に目が釘付けになり、言葉を失った。
 でも、どこか現実味がなかった。
 TVに映し出される想像を超えた映像に、それを現実として捉えることができず、映画やアニメを見ているような、不思議な感覚を持ったことを覚えている。

 実際に被害に遭われた方々の辛い体験と心の傷は、TVから流れる映像を見ていただけの私には、はかりしれないものがある。
 それはもちろん、価値観や生き方を変えざるを得ないような出来事だし、自分の人生を考え直す大きなきっかけだろう。

 ある島の宿のオーナーは、この地震を経験した後に、島への移住を決心したとのこと。
 地震の後、後悔したくないと、世界一周の旅に出た人がいた。
 淡路島出身の友人は、家を持つことに意味を感じなくなっていた。

 人生、何があるかわからない…。

 先日、1997年に北南米を旅していたとき、メキシコで知り合った友人が亡くなった。
 44歳という若さ、奥さんと3人の子供を残しての旅立ちだった。
 たくさんの心残りと、悔しさを持ったまま、彼は天国へと行ってしまった。
 もっともっと生きていたかっただろう、まだまだこれからだったのに…

 昨年、彼が癌におかされて闘病しているという話を聞き、ひさしぶりに連絡してみた。
 そのときは、思いがけずに元気そうな彼の声を聞くことができ、安心してしまった。
 「また会おうね」
 と言ったまま、結局は、会うことはなかった。
 
 もっと強引にでも会いに行けばよかったのかな、と思う。
 何もしてあげられなかったな、と後悔ばかりだ。
 でも、それは残ったものの勝手な思いなのかもしれない。
 彼は今、天国で何を思っているのだろうか…

 人生、先はわからない…。

 私のこれからの日々だって、いつどこで何が起こるかなんて、誰にも予測できない。
 だからこそ、もっともっと1日1日を大切に過ごしていかなくてはいけない、と改めて思う。
 
 心からご冥福をお祈りいたします。

| 21:07 | ひとりごと | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

僕も今年の3月に高齢者の仲間入りをさせられます。

自身では、ちっとも高齢者のつもりはないんですが・・・

でも、最近は人間が死ぬって事の意味をあれこれ考えるようになりました。

もう一度カナディアンロッキーの麓をツーリングしたい。

まだまだやりたい事がイッパイある。

はまちゃん | URL | 2009/04/05 (日) 01:18 [編集]

人は、みんな平等に老いていくんですよね。
でも、本人には、全くそんな自覚はありません。
私だって、気分はまだまだ20代…、いや30代ぐらいかな(笑)。
毎日、小さく小さくでもいいから 「けっこう幸せだなぁ~」
なんて思って過ごせたらOKかな♪

ヒロコ | URL | 2009/04/05 (日) 01:18 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。