スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

戦いのやり方

2009/01/09 金曜日

 パレスチナ自治区ガザを攻撃し続けるイスラエル軍に対し、全面撤退を求める決議案がやっと採択され、なんとか少しずつでも収まる気配がでてきたようですね。
 この争いには、長い長い歴史があり、簡単に解決がつく問題ではないということは分かっていますが、私は、以前にも書いたとおり、戦争に反対です。
 とにかくこれ以上、普通に暮らす人々の犠牲が出ないよう、心より祈っています。

 まぁ、そうは言っても、人間から争いがなくなるということはないでしょう。
 勉強やスポーツだって、順位を競って挑めば、お互いに向上していくってこともあるんだからね。これだって形を変えた争い(?)でしょ。

 でも、どこをどう考えても、やっぱり戦争はおかしいと思うんです。
 そんなに戦いたいんだったら、お互いから戦いたいと思う人だけが出てきて、その人たちだけで思いっきり戦えばいいんじゃない。
 だいたい、戦争とは一番遠いところにいる、小さな子供達を巻き込む必要なんてないし、そんなの卑劣以外の何ものでもないと思うのです。
 やるならタイマンでやれ!!

 私、昔々その昔…、こんなことがありました。
 その頃、いつも一緒に遊んでいる、身長180cm以上ある大柄な男性と150cm程度しかない小柄な女性のカップルがいました。
 ふたりとも、すごくいいヤツなのですが、まぁ、私の友達なのだから、一癖も二癖もあります。気が強いことだってかなりのもの…

 そんなふたりが、ある日、大喧嘩になりました。
 お酒も入っていたので、ふたりとも自制が効かなくなり、とうとう彼が彼女を殴ったのです。
 それを見た私は、一瞬でぶち切れました。
 「なにやってんのよ、女を殴るなんて男として最低だよ!」
 背伸びしながら、その大柄な男性の胸ぐらを掴みに行った私…。
 まぁ、彼は、私の勢いに負け、その場はなんとか収まったんですけどね(苦笑)

 男性が女性に、力で勝つのはあたりまえ。
 口だったら、女性の方が有利かもね。
 口べただったら、今ならメールなどの攻撃が有効かも…(正体をあかさないやり方は卑怯だと思うけど、口では言えないこともあるだろうから)。
 
 まぁ、そんな風に戦いのやり方は、いろいろあるでしょう。
 自分に有利な戦いの方法で挑むのは、戦略ってものかも知れません。
 でも、やっぱり体力に差のある男と女が、力で勝負するとか、大金持ちと貧乏人が、あまりにも違う武器で戦うとか、これってどう考えたってフェアじゃないよね。

 戦うんだったら、争うという本能をもっとかっこよく、胸を張れる方法で挑んで欲しいと思います。だから、やっぱりタイマン勝負だよな…。
 そして、国と国との争いなら、もっと頭脳戦でいくべきでしょ。

f0184577_15502136.jpg

 旅の間に出会ったアフリカの子供達は、無邪気で素敵な笑顔を見せてくれました。
 大人の都合に巻き込まれ、無垢な子供達が犠牲にならない世界になることを、願ってやみません。

| 20:40 | ひとりごと | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。