スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

エコ掃除の準備

2008/12/12 金曜日

 エコ掃除についてお勉強中の私です。
 これからは自分の生活の中で、安全でエコロジーで体に優しいものを選択し、使っていきたいと思っているので、それらを使いこなせる人になるのが目標。まぁ、気負わずに少しつづやっていこうと思っておりますが…

 さて、まずは、私が揃えたエコ掃除に必要なものと、その使い方をまとめてみました。
 これは、自分への覚え書きの意味を込めて書いていますが、何か、間違っていたり、「こんな使い方もあるよ」というアドバイスがあったら、是非是非教えてくださいね。

 まず、汚れには”アルカリ性”と”酸性”のものがあり、いずれも、その反対のものを使って分解・中和させれば、汚れは落ちるらしいです。だから、お掃除をする時には、どちらの汚れなのかを考えながら、使うものを選ぶ必要があるってことですね。
 結局、市販のものは、個人個人でそれを考えなくてもいいように、使う場所を限定して(お風呂用とかトイレ用とか)いるようです。
 まぁその便利さを捨ててもエコ掃除にこだわるのは、市販の洗剤等は、まざったら有毒ガスが発生したり、体に害の強いものが含まれていたり、自然の中でなかなか分解されなかったりするので、なるべくそれらを排除したいというのが、一番の目的ですよ。

f0184577_1425542.jpg◆重曹/ごく弱いアルカリ性
 (そのまま使用)

 油汚れ・手あか・食べ物の汚れなどにいいのだが、掃除あとが白く残りがちなのが難点。この辺の汚れには、セキス炭酸スプレーを使った方が手軽。
 それよりも、 そのまま使って研磨作用を期待する方がいいかも(クレンザー的)、ステンレスシンクやステンレス鍋を磨くには最適だそう。さらに、ガス台の受け皿や焦げ付いた鍋を、重曹を溶かした水でグツグツ煮るといいらしい。
 あと、私がいいなと思った使い方が、茶渋落とし。漂白剤など使わなくても綺麗いになるなら、体に害がなくていいよね。
 消臭剤代わりに、冷蔵庫などに入れておいてもいいんだって。
 ミキサー内部のお掃除にも活用可、水と重曹を入れてスイッチオン。
 さらに、ボウルに小さじ1程度重曹を入れ、野菜や果物を2、30秒ほどつけてから水で軽く流ずと、野菜や果物の表面に付いた農薬がかなり取り除かれるらしい。
 重曹とはベーキングパウダーのこと。もともとお料理にも使うものなので、安全性はピカイチ、安心して使えます。

f0184577_14261047.jpg◆クエン酸/弱酸性
 (水400mlに小さじ1杯・ハッカ油)

 唯一の酸性溶液。酢と同じ作用をするが、酢ほどにおいがきつくないので、使いやすい。少量のハッカ油を入れると、さわやかな香りがしてさらにグッド。
 基本的に、酸性が効くのは”水周り”。だから、水道の蛇口の水アカや、洗剤・石けんカスには、クエン酸が大活躍。
 コーヒーメーカーやポット、魔法瓶の洗浄にも効果を発揮。
 さらに、お風呂やトイレ掃除には、クエン酸が有効。カビ取りやカビ予防も期待できるそう。
 軽い汚れの場合は、水で薄めたものを吹き付けて拭けばOK。こびりついたしつこい汚れは、ティッシュやペーパータオルなどを使ってパックし、しばらくおいた後に磨けばいいとのこと。磨きの時に、重曹を使えば、さらに効果的とか。
 汚れを落とした後は充分すすぐか、水拭きして、酸の成分をとること。鉄に触れたところは錆びるので注意が必要。
 さらに、私が気になった使い方は、重曹と組み合わせる方法。
 重曹は酸と反応したときに二酸化炭素の泡を発生するので、この泡が人間の手の届かない部分の汚れを浮き上がらせるのにいいとの話。この反応自体は、ケーキを作るときにも活躍する作用らしいので、安全性にも問題なし。重曹を振りかけた後、クエン酸(お酢でもいい)をスプレーすると、シュワーと発泡するそう。
 私が、この方法を使ってみようと思ったのが、食器などを洗った後に使う洗いカゴの掃除。あれって形が複雑だから掃除しずらいれど、これならよさそうでしょ、ザルや網なんかのお手入れにもいいかも。この方法は、まな板のお手入れにもいいらしい。
 クエン酸は、重曹での掃除の後にスプレーすることで、アルカリ性になったところを中和してくれるらしく、クエン酸と重曹の組み合わせが大切なようです。
 クエン酸とは、レモンやオレンジ、お酢などにに含まれている物質、安心して使えます。

f0184577_14263026.jpg◆セキス炭酸ソーダ/弱アルカリ性
 (水500mlに小さじ1杯)

 セスキ炭酸ソーダとは、重曹と炭酸塩の中間の物質。重曹にはない炭酸塩が加わっているので、重曹よりもアルカリ性が10倍も高く、汚れ落とし効果が強いそう。
 水に溶けやすいので、セキス炭酸水スプレーにしておくとお掃除に便利です。
 セキス炭酸スプレーが一番威力を発揮するのは、キッチンの油汚れや手垢汚れ。とりあえず、普段のお掃除にこのスプレーを加えれば、どこもすっきりすること間違いないし。エコ掃除を実践している主婦たちにも、絶大な評価を得ているようです。
 使い方は簡単、スプレーして数分置いてからスポンジやウエスでこするだけ。研磨剤として重曹を加えるとパワーアップするし、クエン酸や酢を加えて発泡させると洗浄力がさらに増すらしい(重曹と同じだね)。
 ただし、畳やカーペット、白木などの木材質とアルミ製品は、変色の原因になるのでNG。

f0184577_14265550.jpg◆エタノール
 (無水エタノール80mlに水20ml・消毒用はそのまま使用)

 エタノールは、言わずと知れた消毒薬ですが、油にも水にも溶ける性質があり、油汚れと水汚れ、両方の汚れを落とすことができるそうです。
 まぁでも、汚れ落としというよりは、冷蔵庫内などの消毒に、お掃除の最後に吹き付けたりするといいんではないでしょうかね。
 ただし、エタノールは可燃性なので換気に注意し、火気の近くでは絶対に使用しないように!
 我が家には、何に使うために買ったのか、昔から無水エタノールがありました。棚の奥の方に埋もれていたので、今回、ひさしぶりの登場です。

◆酸素系漂白剤

 殺菌漂白効果は強いが、洗剤と混ざると有毒な塩素ガスを発生させてしまう塩素系漂白剤ではなく、酸素によって漂白効果を表わす酸素系漂白剤の方が、環境にも体にもよいですよね。
 食器等の漂白除菌の時は、15~30分くらいお湯+漂白剤に浸ければOK。
 ふきんの漂白には、お鍋(アルミ鍋は駄目)に水をはって火にかけ、温まってきたら、酸素系漂白剤を少し(水約2リットルに対し小さじ1~2杯)入れ、ふきんを5分くらいグツグツ煮るといいそう。お湯に酸素系漂白剤を入れると炭酸みたな白い泡がシュワシュワッとたくさん出るらしいが、それがいい状態の証拠とのこと。
 酸素系漂白剤は、水温が高いほど(30度~50度)効果も上がるそうです。

◆石鹸

 最後になりましたが、本当は、これが最強と言われる石鹸。
 石鹸の中でも、石油系界面活性剤を使用せず、脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムからできている「純せっけん」や、純せっけんが 95% 以上で、香料や色素や品質安定剤を含んでいない「無添加せっけん」は、食器洗い、洗濯、洗顔、洗髪、入浴、などに広く使える。
 でも、一気にここまで行くと、頭が混乱しそうなので、石鹸については、また次の段階と言うことにします。

 さらに、クエン酸やセキス炭酸ソーダなどは、お洗濯にも威力を発揮するらしけれど、こちらもまた次回と言うことで…
 さて、これらのエコ掃除セット、宝の持ち腐れにならずに、使いこなせるようになるのでしょうか。一抹の不安は残りますが、がんばりまーーーす♪

| 19:07 | 主婦な話 | コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

凄く勉強したんですね、ここまで調べるのは大変だったと思います。
基本的にはOKですが各溶液は混ぜないほうがベター、効果が薄くなったり
悪さをする可能性があります。

そして各溶剤(洗剤)には一番効果が出る温度と濃度があります。
温度は60度、濃度はそれぞれですが、油もお湯だけど溶けるのと同じで
溶液をお湯で作ることで10倍以上の効果があります。


油にはアルカリ性、水周りや風呂では酸性、そして漂白剤、これらを使い分ける事が
お掃除の基本です。
アルカリ性はアルミを腐食し、酸性はステンレスを腐食するので使用後は
各性質の反対の成分で中和してください。
また人工大理石などは酸性で簡単に変色するので気をつけてください。

おっと掃除する時は窓から始めましょう、暗くなってからだと拭き残しが分かりません。

竜ちゃん | URL | 2009/04/05 (日) 00:16 [編集]

調べものは好きなので、こうして積極的にしますが、肝心な掃除の方が…
やりだせば楽しくなるんだけど、なかなか重いお尻が上がらないのですよ(涙)

竜ちゃんに教えてもらった”ピア”にも惹かれましたが、まずは近所のドラックストアーで揃えられるものから始めることにしました。
またいろいろ教えてね。

ちなみに、お掃除の中で一番嫌いなのが”窓拭き”。
だって、いくらやっても、綺麗になっていない気がするんだもん。

ヒロコ | URL | 2009/04/05 (日) 00:17 [編集]

窓はスクイジーで簡単に綺麗になります。
参考までに、みのもんたさんのおもいッきりイイ!!テレビの12月12日の
特集に100円ショップグッツを使った掃除テクニックが出ています。
スクイジーを使えば簡単・綺麗に仕上がりますよ。

頑張ってください。

竜ちゃん | URL | 2009/04/05 (日) 00:18 [編集]

スクイジーですね、了解です。
がんばります!!

ヒロコ | URL | 2009/04/05 (日) 00:18 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。