スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

2009年最後の日

2009/12/31 木曜日

あと数時間で2009年が終わりますね。
みなさんにとって2009年は、どんな年だったのでしょうか?


私にとって2009年は、厳しく、辛いこのとの多い年でした。


その辛さの一番は、やはりヘルニア

これは、ニワトリとタマゴの話のようなものですが、
体調が悪いから、気持ちまで落ち込むのか、
気持ちが落ちているから、体調不良を呼び込むのか…

なんだか、負のスパイラルに迷い込んでしまい、
なかなか抜け出せなくなっていた気がします。


かんいちがひとり旅を始めたことで、
私は久しぶりの一人暮らしになり、
そこに体調不良が重なってきたこともあって、
ひとりで家にいることが多い年でもありました。

そのせいか、なんだか人との関わりについて、
考えさせられる年にもなりました。


2009年のはじめに、今年は地道にがんばる年
と宣言していたのに、結局、なんにもできなかった気がします(涙)


それでも、いい変化もあったんですよ。

夏に、ひさしぶりに外に働きに行くことを決心し、
5ヶ月間、市役所の臨時職員として働きました。

規則正しい生活と、お弁当作りのおかげで、
なんと、ちょっと痩せたんですよぉ~
そうねぇー、タバコをやめる前ぐらい、
8年ぐらい前の体系に戻った感じかな…


さてさて、終わろうとする1年間のことをあれこれ考えても
もうどうしようもありませんね。

後悔も反省も、あと数時間だけにして、
笑顔で新しい2010年に向かいたいと思っています。

みなさんも、良いお年をお迎えください♪


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ   
かんいちは、大晦日恒例となった格闘技を見るため、
必死にパソコンに向かっております。
6時になったら、もうなぁ~んにもせずに
TVにかじりつきだろうね…(笑)
スポンサーサイト

| 17:46 | ひとりごと | コメント(3) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

それでもヘルニア

2009/12/25 金曜日

今日はクリスマス、みなさんはどんな日を過ごしているのかなぁ~

私はクリスマス気分もなく、かんいちの運転するで、へ行ってきました。
先日は、診療開始時間の9時到着で12番、今日は、診療受付最終時間ぎりぎりの11時30分近くに行って28番目。たぶん、本日最後の患者だったと思われます。
その分、じっくり先生と話すことができましたよぉ~

実は先週、先生に注射していただいた後、教えてもらった足首の運動をし続けていたのがよかったのか、かなり状態がいいのですよ、私
そんな私を見て、「あわてて結論を出すことはないよ」 と先生に言ってもらいました。
症状が悪化したら、吉原先生に手術していただこう
と覚悟ができているので、心強くもあり、安心感があります。

結局ヘルニアって、できる原因も解明されていないし、何もしなくとも直ることもあり、いまだに判らないことも多いよう。とにかく、今すぐ何か手を打たなければ命に関わるというものではないし、最後は、痛みとの折り合いだけみたいだからね。
ヘルニアがあっても痛くない人もいるらしいし、ひどくなったら足が上がらなくなったり、おしっこが出なくなったりもするらしい。先生としては、そこまでの状態が出ていたら 「すぐに手術したほうがいいでしょう」 と言い切れるのだけれど、そうじゃなかったら本人の気持ち次第って事なんだよね。

私の場合、真ん中に平べったくヘルニアが出ているため、痛みの症状が右と左のどちらに出てもおかしくないそう。
現に、最初に痛みで辛くなった右足は、このところ少しではあるけれど痛みが減ってきていて、その代わり、左足に痛みの前兆のような違和感が始まり、ちょっと気になっているんです。
両足に最高潮の時のような痛みが出たら、即、手術をお願いしたいですが、今は、じっとしていれば痛みはあまりないんですよね

ただ、しばらく立っていたり、歩いたりするのは、いまだに辛いのですが、これは、ヘルニアが脊柱管を圧迫しているせいで、脊柱管狭窄症と同じような症状がでているそうです。
もうひとつの症状、腰椎不安定症は、年齢と共に自然に安定してくることもあるらしいし、いますぐ何かしないといけないということではないらしい。

とにかく、手術するならどんな風にするのか、全体の雰囲気は教えていただきました。
あとは、年末年始、少し動いてみて、自分の体と相談してみることにします。
私、ひどい痛みが出てから1ヶ月近く、ほとんど動いていませんからね
今、自力でどれくらいのことができるのか、自分でもよく判らなくなっているんですよ。

かんいちは、旅から帰ってきて、仕事と病院の送り迎え、食事の準備、この間なんて、率先してお風呂掃除までやってくれ、いろいろな面でサポートしてくれています
自分が弱っているとき、こうして支えてくれる人がいるということが、本当に心強いものなんだな、と今回、改めて感じさせてもらいました

なんだか精神的にも肉体的にも、辛いことが多かった2009年も、もうすぐ終わり…
2010年は、きっといい年になってくれると期待しています


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ   
クリスマスイブの昨夜は、久しぶりに食べました。
その後、かんいちは物足りなかったのか、まで食べていました。

かんいちがいると、ついついつられて食べてしまい、
せっかく少しばかり減量した体が台無しになるのが、ちょっと問題

| 16:00 | 健康の話 | コメント(5) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

やっぱりヘルニアでした

2009/12/20 日曜日

先日、ネットで見つけた神の手の弟子 『猫の手』 と呼ばれる整形外科医吉原先生の診察に行ってきました。

事前に、先生のブログを最初から最後まで目を通し、人柄も手術や患者さんに対する姿勢も納得し、全てを先生におまかせする気持ちで向かった病院。

診察が始まる9時ちょうどぐらいに着いたのですが、順番はすでに12番目でした。
整形外科の診察室は2つあり、ふたりの先生が診察に当たっているのですが、吉原先生の方の順番はなかなか進みません。
これも、ひとりひとり丁寧に話をしている証拠ですね。
覚悟は出来ているので、のんびりゆったり待っていましたよ。

結局、診察室に呼ばれたのは、2時間後…。
ホームページですでにお顔は知っているので、なんか実際にお会いするのが不思議な感じです(苦笑)

先生のスタンスとしては、患者さんがどうしたいかによって、一番いい方法を考えようということ。
先生から 「手術した方がいい」 とは言わないから、との事でした。
なんか、言って欲しい気もしますけどねぇ~

とりあえず今の状況と、ここまでになった経緯を話し、治療方針はMRIとレントゲンを見てから…、ということになりました。

それはいいのですが、私が今一番辛いのは、足を伸ばし上向きに寝ること。
MRIを撮るためには、その状態で30分程じっとしていなければなりません。
先生にその事を話すと 「じゃぁ、痛み止めの座薬入れますか…」 と言われてしまいました。
座薬なんて、子供の頃には使ったことあるだろうけど、大人になってからは記憶無し、イヤだけど仕方ないですね。

で、座薬を入れてまで挑んだMRIでしたが、全く効き目がなかった感じ(涙)
痛さに耐えながらじっとしていたのですが、どうも耐えられなくなり、お腹がプルプル…
レントゲン技師のお兄さんに 「痛い?あと3分ぐらいだから我慢してねー」 と優しく言われて、最後までなんとか乗り切ったのですが、終わってから聞いたところ、3回ぐらい取り直ししたんだって…、やっぱり動いてしまったようです。ごめんちゃい。

その後、普通のレントゲンも撮ってもらい、再び吉原先生の元へ…

そこで下された診断は、2カ所にある 椎間板ヘルニア と、腰椎不安定症 という症状。
私が想像する脊柱管狭窄症ではありませんでした。

この状態から考えると、選ぶ治療方針は3つ。

1.このまま手術をせず、なんとか生きていく…
     痛さに耐えられるか、このままの状態で普通の生活ができるのか
2.ヘルニアを取り除く手術のみをする
     ヘルニアが再発する可能性も高いが、今の辛さはなくなるかも
3.腰椎不安定症もきちんと直す手術をする
     けっこう大がかりな手術だろうけど、よくなれば今後の心配はなくなるかも

まぁ、それぞれに対するリスクもあるだろうし、結局のところ自分が痛みにどれくらい耐えられるか、ですかね。
もちろん自然に症状が改善してくれば、それが一番いいと思うんだけど…。

ヘルニアからくる痛みは、ヘルニア自体の大小など見た目の状態と、患者自身が感じる苦痛が一致していないことも多く、先生も判断が難しいらしいです。
まぁ、本当のところは “手術したほうがいい” と “まだ手術しなくても大丈夫だろう” という状態はあると思うんですけどね。

「今日のところは、ブロック注射をして様子を見ましょう」
という事になり、吉原先生オリジナルだというブロック注射をしてもらいました。

次の診察は、1週間後…
今よりもいい状態になって、手術を回避できるといいんですけどね。


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ   
診察の日は、藤原家17回目の結婚記念日。
そして、次の診察日は、クリスマス!
なんか、5年前にもそんな事があったなぁ~
あの時は、パッソルとマジェでオーストラリア横断中…
一番の難関日が、結婚記念日とクリスマスだったのですよ。
でも、あの時も結局はうまくいったんだから、今回もきっと大丈夫だよね

| 15:01 | 健康の話 | コメント(8) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

ヘルニアその後

2009/12/12 土曜日

相変わらず、調子がいまいちな私です

年末だというのに、大掃除もせず、イベントにも参加せず、家でおとなしくしています。
仕事の方は、知人のおじさんが送り迎えを引き受けてくれたおかげで、なんとか1週間を乗り切ることができました。

そんな中、鍼とマッサージには通っていたのですが、なんだか調子が変化してきているような気がするのです。

腰の痛みはかなり改善されてきている感じがしますが、足の痛みは相変わらず…。
椅子に座っていればなんとか大丈夫なのだけど、立ったままでいたり歩いたりするのがきつい
それと、仰向けに寝たとき、ふくらはぎを走る激痛のため、足を真っ直ぐ伸ばせません。
さらに、腰と足の痛さのため、常にかすかに腰の曲がったお婆さん状態。
体が痛みを避けてそんな格好になるんだと思うけど、かなり変な姿です

なんでも 『歩いたり立ち続けたりしていると、足に痛みやしびれが出て歩けなくなり、しばらく休むと復活するという症状は、脊柱管狭窄症』 らしいのですが、今の私は、まさにそんな感じ。

なんでもヘルニアは20~40代、脊柱管狭窄症は50代以降になるものなのだとか…
まぁ、私も年が明けたら48歳、ちょうど狭間のお年頃なんですね

今日も、鍼の先生に 「脊柱管狭窄症じゃないかな、ちゃんと精密検査した方がいいよ」 と言われてしまいました。

ヘルニアだったら、自然治癒と言うこともあるらしいのですが、脊柱管狭窄症だったら手術しか道はありません。
でも、確かにMRIではヘルニアらしきものが写っていたんだけどなぁ~、いつの間にか、ヘルニアから脊柱管狭窄症に変化したって事でしょうか。

先日の日記に、「脊髄専門病院で診察を受けた方がいいよ」 というコメントをいただき、ネットで日本脊椎脊髄病学会ということろの認定医を検索し、週1回だけど、家の近くにある病院に勤務している先生を発見。
いろいろ見ているうちに、ぜひこの先生に診ていただきたいと思うようになりました。
本人のブログから人柄も判るし、ネットの威力ってすごいですねぇ~

ただ問題は、先生が、その病院では1週間に1回しか診療していないこと。
都内の病院の方だったら、週3回は診療しているようですが、通うことを考えたら近い方がいいしね。

とりあえず、かんいちが帰ってくるまでは身動きがとれないし、本格的に診てもらうのは来年になってしまうかもしれません。
不安な日々は続いていますが、毎日かんいちがで励ましてくれているのが、救いです。

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ   
たぐっちゃん、本当にいいアドバイスをありがとう!
状況がよくなったわけではないですが、いい先生が見つかり、道が開けてきた気がします

| 20:38 | 健康の話 | コメント(6) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

近況

2009/12/04 金曜日

おひさしぶりです

ブログを休止してから、早いもので2ヶ月も過ぎてしまいましたね。
最後の日記にいただいたコメントに、お返事もせずに放置したままで、本当にごめんなさい

先日、旅をしているかんいちとで話していたら 「ひさしぶりにブログでも書いてみたら?」 と言われ、ふっと、近況を書いてみようと思い立ちました。


実は私、ずっとヘルニアに悩まされています

腰の痛みは当たり前のこと、ヘルニアからくる坐骨神経痛がひどくなり、歩くこともままならない感じになってしまったのです。
少し歩いたら休まないと先に進めないほど、お尻からふくらはぎまで続く痛みで、そのうち膝までおかしくなってきました。

職場に向かう途中、あまりの辛さに耐えかね、整形外科に飛び込んで、お尻に痛み止めの注射をしてもらったのですが、これが全く効きません。

とにかく、職場までの徒歩15分が辛い…、自転車ならなんとか移動できるんですが、職場まで自転車って訳にもいかないしね。

ということで、ここ1週間はお休みをいただき、家でただひたすら安静にしています

そうこうするうちに、
 ・仰向けに真っ直ぐ寝ていると、調子がいいこと
 ・マッキンジー法という、うつ伏せに寝て、自分の力で背筋を反らせる運動が有効なこと
 ・足の冷えなど、血流が悪いのが影響していると思われること
など、いくつかの事が判ってきました。

一時は 「こんなに痛みが続くのなら、手術も考えた方がいいのでは…」 と真剣に思いました。
でも、ネットなどで他の人の症状を見ると、激痛でトイレに行けずにペットボトルにするくらいらしいので、一応、トイレまでは自力で行けている私は、まだまだ手術段階ではないようです。
さらに、手術は絶対的に有効ではなく、リスクも大きいらしい。う~ん…

私は、マッサージと、整形外科に通っていたのですが、先日から、鍼に通い始めました。
マッサージは、けっこういいのですが、根本治療にはならないのかなぁ~、と思うし、整形外科に行くと、牽引して、痛かったら痛み止めの薬や注射、これもその場しのぎって感じですよね。
本当に手術をしないといけないくらい悪化したなら、信頼できる整形外科の先生を捜すしかないと思うけど、これくらいの状態なら、なんとか自分に合う方法を見つけ、ヘルニアと上手に共存していく道を模索した方がいいのかな、と今は思っています。

そんな訳で、今日は、鍼治療2回目。
坐骨神経痛に効く治療をしてもらい、あまりの痛さに全身から汗が吹き出る!という体験をしました
明日も行く予定なのですが、これで少しはよくなるといいんだけどね…
鍼は有効だったという情報は、けっこうあるんですよ。

月曜日からは、ひさしぶりに仕事に行くつもりです。
今一番の悩みは、15分の徒歩区間をどうするか…、思い切ってタクシーかなぁ~
でも、そんなんじゃ、バイト代なくなっちゃいますね


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ   
今後は、不定期更新ぐらいの感じですが、このブログも続けていこうと思っています。
ヘルニア治療にいい情報あったら、ぜひぜひ教えて下さい。

また、みなさんに遊んでもらえるのを、楽しみにしていますので、ヨロシク

| 15:34 | 健康の話 | コメント(10) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。