スポンサーサイト

--/--/-- --曜日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --:-- | スポンサー広告 | ↑ページトップ |

詰まったか切れたか

2010/06/30 水曜日

今日は、バイトがお休み。

昨夜、ワールドカップ観戦で夜更かししたので、今日は、ゆっくりめに起床。

午後からは、銀行周りをしてから、パソコン教室に行きました。



「あー、もっと時間が欲しいなぁ~。
 習ったことをゆっくり復習とかしてないもの。
 とりあえず、一気に習う!というのが目標で、
 あとは、自力で習得していくつもりだったけど、
 もう少し勉強に費やせる時間があったらなぁ…。」

などと思いながら、用事を済ませ、電車に乗って自宅のある駅へ。



そこで、駅の階段から下りた途端、

なんか、平衡感覚がおかしくなった。

なんとなく、左側に傾いている感じ…

ちょっと、立ちくらみにも似ているが、

その違和感は、家に帰ってもまだ続いていた。


そのまま、倒れ込むように横になって、

しばらくお昼寝。


かんいちが作ってくれた夕食を食べ、

シャワーを浴びたらすっきりしたけど、

あれは、なんだったんだろう?



頭の血管、詰まったり切れたり、してないだろうなー




やりたい気持ちはバリバリあるのに、体がついていかない50歳目前の、ある夏の日でした


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ   
昨夜のワールドカップ、本当に残念でしたね。
でも、みんなが応援したくなるような、いい試合でした。

「青春っていいな」と若かかりし頃が懐かしくなったら、クリックを
スポンサーサイト

| 22:30 | 健康の話 | コメント(8) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

耳が…

2010/04/07 水曜日

なんか左耳が変です

プールで水が入っちゃったまま、なんか詰まっているような、もわぁ~っとしているような感じ。
これって、中耳炎かな

昨日の夜も変な感じだったんだけど、今朝になっても症状が収まらず、なんかイヤな感じです。
私、こんな症状が続いたことなかったので、どう対処していいのかわかりません
痛みって言うほどの感じではないんだけど、音が頭に響くし、スッキリしないし、なんだかねぇ~

かんいちは時々なるらしいだけど、いつも1日ぐらいで直っていたらしい。
もともと、かんいちは耳が弱く、飛行機に乗ると、いつも辛そうだったんだよね。
でも、全く問題がない私は、その辛さがわかっていませんでした。
ごめんよ、これって、けっこう気分の悪いものだね…


外はだし、耳は気持ち悪いしで、今日は、パソコン教室をお休みしました。
(基本的に、私の市役所のお仕事は、水曜日がお休みなのだ)

早くよくなるといいなぁ~、人間やっぱり、健康じゃないとね


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ   
健康だけが取り柄だった私も、あちこちガタがきています。
「そりゃ、やっぱり年だろ~」と思っても、ワンクリックお忘れなく

| 13:40 | 健康の話 | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

悪いことを嘆かず良いことを喜ぼう

2010/01/18 月曜日

かんいちが旅の生活に戻り、私も再び一人暮らしの毎日となりました。

この年末年始は、私のヘルニアが悪化したため、仕事の送り迎えに始まり、食事の支度も一手に引き受けてくれたかんいち、おかげで私は、無理をすることなく過ごすことができました。
そして、そのヘルニアは、すっかり良くなったとは言えませんが、かなり快方に向かっている気がします。

最初の頃こそ、家事のかなりの部分をかんいちに助けてもらっていたのですが、後半になると、食事作りもそれなりにできるようになり、洗い物も片手を流しの縁に置いて体を支えながらですが、ちゃんとできるようになりました。
そうこうするうちに、あんなに辛かった足の痛みが減ってきたんです。
今も痛みはありますが、これなら普通に生活できるかも…

ただ、このところほとんど動いていなかったからか、体がすっかり固まっています。
さらに、痛みのせいか体が歪んだまま、正しい姿勢が判らなくなってしまいました。

そんな訳で、今日は、ひさしぶりに近所の治療院にマッサージしてもらいに行ってきました。
約1ヶ月ぶりに私の体を触った先生は、「あれぇ~、これはかなりひどいねぇ~」との事。

ヘルニアからくる神経の圧迫が減ったのか、足にくる坐骨神経痛は改善されてきているようなのだけれど、腰痛自体が良くなっているわけではなく、腰は曲がったままだし、腰の周辺の筋肉は今まで以上に固まってしまっています。

確かに、普通の状態から比べたら、今の状態でもかなりひどいと思います。
でも、動くこともままならず、少し歩くたびに痛みで立ち止まっていた時の事を考えたら、かなりよくなっていると思うんですよね。

なので、今は、手術の事は考えていません。
もし、さらにひどい状態になれば、また考えなくてはならないだろうけど、今の時点では、手術はせず、ヘルニアと共存していこうと思っています。

健康な体から比べたら相当に悪い状態でも、最悪だったときから比べたら相当に良い状態。
今は、良くなってきたことだけを見ていきたいと思っています。


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ   
今日の夕食はなににしようかなぁ~
ひとりだと食事がさらに質素になるので、
ダイエットには最適です。

一方かんいちは、うるさい私がいないので、
自由を謳歌している様子。

それにしても、一気に8個は食べ過ぎです

| 17:40 | 健康の話 | コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

健康診断に行ってきました

2010/01/05 火曜日

今日は、かんいちとふたりで自転車こいで、健康診断に行ってきました。

「なんでこんな年明け早々に健康診断なの?」
と思われるかもしれませんが、昨年、長い旅が終わったこともあり、ちゃんと健康診断を受けに行こうと思い立ち、受けに行ったのがたまたま年末年始にかけてだったんですよね。
ならば、今年も同じ時期に受けた方がいいよね、と予約センターに電話したら、なぜか、こんな年明け一番になんてしまったのです。
まぁ、なんでも初めって言うのは気持ちいいものだし逆にいいかも…、なんて思いながら出かけましたよ。

そうそう、ヘルニアからくる腰痛と足の痛みですが、最近、けっこう調子が良くて、自転車なら問題なく出かけられるようになりました。
さすがにまだ長距離を歩くのは辛いので、職場への送り迎えは続行中なんですけどね。
ここだけの話ですが、やっぱり送り迎えは楽チンすぎてやめられません

さて、肝心の健康診断の方ですが、昨年は、
  私が、乳ガン検診でひっかかりそうになったり → その時の日記
  かんいちが、若い看護婦さんにドキドキしてみたり → その時の日記
ドタバタな感じだったのですが、今年は、なんとかスムーズだったんじゃないでしょうか。

病院が苦手なかんいちは、相変わらず心拍数も血圧も高く、計り直しになってましたけどね

結果が出るのはしばらく先ですが、ふたりとも別に調子も悪くないし、きっと大丈夫だと思います。
でも楽観視は禁物、いつまでも若いつもりでも、実際は50代目前の立派なおじさん&おばさんなんですから、ちゃんと健康管理はしないとね


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ   
昨年は、しっかり肥満の仲間入りだった私、
なんと今年は、肥満を脱出、普通の体になっていましたぁ~

| 17:10 | 健康の話 | コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

それでもヘルニア

2009/12/25 金曜日

今日はクリスマス、みなさんはどんな日を過ごしているのかなぁ~

私はクリスマス気分もなく、かんいちの運転するで、へ行ってきました。
先日は、診療開始時間の9時到着で12番、今日は、診療受付最終時間ぎりぎりの11時30分近くに行って28番目。たぶん、本日最後の患者だったと思われます。
その分、じっくり先生と話すことができましたよぉ~

実は先週、先生に注射していただいた後、教えてもらった足首の運動をし続けていたのがよかったのか、かなり状態がいいのですよ、私
そんな私を見て、「あわてて結論を出すことはないよ」 と先生に言ってもらいました。
症状が悪化したら、吉原先生に手術していただこう
と覚悟ができているので、心強くもあり、安心感があります。

結局ヘルニアって、できる原因も解明されていないし、何もしなくとも直ることもあり、いまだに判らないことも多いよう。とにかく、今すぐ何か手を打たなければ命に関わるというものではないし、最後は、痛みとの折り合いだけみたいだからね。
ヘルニアがあっても痛くない人もいるらしいし、ひどくなったら足が上がらなくなったり、おしっこが出なくなったりもするらしい。先生としては、そこまでの状態が出ていたら 「すぐに手術したほうがいいでしょう」 と言い切れるのだけれど、そうじゃなかったら本人の気持ち次第って事なんだよね。

私の場合、真ん中に平べったくヘルニアが出ているため、痛みの症状が右と左のどちらに出てもおかしくないそう。
現に、最初に痛みで辛くなった右足は、このところ少しではあるけれど痛みが減ってきていて、その代わり、左足に痛みの前兆のような違和感が始まり、ちょっと気になっているんです。
両足に最高潮の時のような痛みが出たら、即、手術をお願いしたいですが、今は、じっとしていれば痛みはあまりないんですよね

ただ、しばらく立っていたり、歩いたりするのは、いまだに辛いのですが、これは、ヘルニアが脊柱管を圧迫しているせいで、脊柱管狭窄症と同じような症状がでているそうです。
もうひとつの症状、腰椎不安定症は、年齢と共に自然に安定してくることもあるらしいし、いますぐ何かしないといけないということではないらしい。

とにかく、手術するならどんな風にするのか、全体の雰囲気は教えていただきました。
あとは、年末年始、少し動いてみて、自分の体と相談してみることにします。
私、ひどい痛みが出てから1ヶ月近く、ほとんど動いていませんからね
今、自力でどれくらいのことができるのか、自分でもよく判らなくなっているんですよ。

かんいちは、旅から帰ってきて、仕事と病院の送り迎え、食事の準備、この間なんて、率先してお風呂掃除までやってくれ、いろいろな面でサポートしてくれています
自分が弱っているとき、こうして支えてくれる人がいるということが、本当に心強いものなんだな、と今回、改めて感じさせてもらいました

なんだか精神的にも肉体的にも、辛いことが多かった2009年も、もうすぐ終わり…
2010年は、きっといい年になってくれると期待しています


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ   
クリスマスイブの昨夜は、久しぶりに食べました。
その後、かんいちは物足りなかったのか、まで食べていました。

かんいちがいると、ついついつられて食べてしまい、
せっかく少しばかり減量した体が台無しになるのが、ちょっと問題

| 16:00 | 健康の話 | コメント(5) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

やっぱりヘルニアでした

2009/12/20 日曜日

先日、ネットで見つけた神の手の弟子 『猫の手』 と呼ばれる整形外科医吉原先生の診察に行ってきました。

事前に、先生のブログを最初から最後まで目を通し、人柄も手術や患者さんに対する姿勢も納得し、全てを先生におまかせする気持ちで向かった病院。

診察が始まる9時ちょうどぐらいに着いたのですが、順番はすでに12番目でした。
整形外科の診察室は2つあり、ふたりの先生が診察に当たっているのですが、吉原先生の方の順番はなかなか進みません。
これも、ひとりひとり丁寧に話をしている証拠ですね。
覚悟は出来ているので、のんびりゆったり待っていましたよ。

結局、診察室に呼ばれたのは、2時間後…。
ホームページですでにお顔は知っているので、なんか実際にお会いするのが不思議な感じです(苦笑)

先生のスタンスとしては、患者さんがどうしたいかによって、一番いい方法を考えようということ。
先生から 「手術した方がいい」 とは言わないから、との事でした。
なんか、言って欲しい気もしますけどねぇ~

とりあえず今の状況と、ここまでになった経緯を話し、治療方針はMRIとレントゲンを見てから…、ということになりました。

それはいいのですが、私が今一番辛いのは、足を伸ばし上向きに寝ること。
MRIを撮るためには、その状態で30分程じっとしていなければなりません。
先生にその事を話すと 「じゃぁ、痛み止めの座薬入れますか…」 と言われてしまいました。
座薬なんて、子供の頃には使ったことあるだろうけど、大人になってからは記憶無し、イヤだけど仕方ないですね。

で、座薬を入れてまで挑んだMRIでしたが、全く効き目がなかった感じ(涙)
痛さに耐えながらじっとしていたのですが、どうも耐えられなくなり、お腹がプルプル…
レントゲン技師のお兄さんに 「痛い?あと3分ぐらいだから我慢してねー」 と優しく言われて、最後までなんとか乗り切ったのですが、終わってから聞いたところ、3回ぐらい取り直ししたんだって…、やっぱり動いてしまったようです。ごめんちゃい。

その後、普通のレントゲンも撮ってもらい、再び吉原先生の元へ…

そこで下された診断は、2カ所にある 椎間板ヘルニア と、腰椎不安定症 という症状。
私が想像する脊柱管狭窄症ではありませんでした。

この状態から考えると、選ぶ治療方針は3つ。

1.このまま手術をせず、なんとか生きていく…
     痛さに耐えられるか、このままの状態で普通の生活ができるのか
2.ヘルニアを取り除く手術のみをする
     ヘルニアが再発する可能性も高いが、今の辛さはなくなるかも
3.腰椎不安定症もきちんと直す手術をする
     けっこう大がかりな手術だろうけど、よくなれば今後の心配はなくなるかも

まぁ、それぞれに対するリスクもあるだろうし、結局のところ自分が痛みにどれくらい耐えられるか、ですかね。
もちろん自然に症状が改善してくれば、それが一番いいと思うんだけど…。

ヘルニアからくる痛みは、ヘルニア自体の大小など見た目の状態と、患者自身が感じる苦痛が一致していないことも多く、先生も判断が難しいらしいです。
まぁ、本当のところは “手術したほうがいい” と “まだ手術しなくても大丈夫だろう” という状態はあると思うんですけどね。

「今日のところは、ブロック注射をして様子を見ましょう」
という事になり、吉原先生オリジナルだというブロック注射をしてもらいました。

次の診察は、1週間後…
今よりもいい状態になって、手術を回避できるといいんですけどね。


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ   
診察の日は、藤原家17回目の結婚記念日。
そして、次の診察日は、クリスマス!
なんか、5年前にもそんな事があったなぁ~
あの時は、パッソルとマジェでオーストラリア横断中…
一番の難関日が、結婚記念日とクリスマスだったのですよ。
でも、あの時も結局はうまくいったんだから、今回もきっと大丈夫だよね

| 15:01 | 健康の話 | コメント(8) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

ヘルニアその後

2009/12/12 土曜日

相変わらず、調子がいまいちな私です

年末だというのに、大掃除もせず、イベントにも参加せず、家でおとなしくしています。
仕事の方は、知人のおじさんが送り迎えを引き受けてくれたおかげで、なんとか1週間を乗り切ることができました。

そんな中、鍼とマッサージには通っていたのですが、なんだか調子が変化してきているような気がするのです。

腰の痛みはかなり改善されてきている感じがしますが、足の痛みは相変わらず…。
椅子に座っていればなんとか大丈夫なのだけど、立ったままでいたり歩いたりするのがきつい
それと、仰向けに寝たとき、ふくらはぎを走る激痛のため、足を真っ直ぐ伸ばせません。
さらに、腰と足の痛さのため、常にかすかに腰の曲がったお婆さん状態。
体が痛みを避けてそんな格好になるんだと思うけど、かなり変な姿です

なんでも 『歩いたり立ち続けたりしていると、足に痛みやしびれが出て歩けなくなり、しばらく休むと復活するという症状は、脊柱管狭窄症』 らしいのですが、今の私は、まさにそんな感じ。

なんでもヘルニアは20~40代、脊柱管狭窄症は50代以降になるものなのだとか…
まぁ、私も年が明けたら48歳、ちょうど狭間のお年頃なんですね

今日も、鍼の先生に 「脊柱管狭窄症じゃないかな、ちゃんと精密検査した方がいいよ」 と言われてしまいました。

ヘルニアだったら、自然治癒と言うこともあるらしいのですが、脊柱管狭窄症だったら手術しか道はありません。
でも、確かにMRIではヘルニアらしきものが写っていたんだけどなぁ~、いつの間にか、ヘルニアから脊柱管狭窄症に変化したって事でしょうか。

先日の日記に、「脊髄専門病院で診察を受けた方がいいよ」 というコメントをいただき、ネットで日本脊椎脊髄病学会ということろの認定医を検索し、週1回だけど、家の近くにある病院に勤務している先生を発見。
いろいろ見ているうちに、ぜひこの先生に診ていただきたいと思うようになりました。
本人のブログから人柄も判るし、ネットの威力ってすごいですねぇ~

ただ問題は、先生が、その病院では1週間に1回しか診療していないこと。
都内の病院の方だったら、週3回は診療しているようですが、通うことを考えたら近い方がいいしね。

とりあえず、かんいちが帰ってくるまでは身動きがとれないし、本格的に診てもらうのは来年になってしまうかもしれません。
不安な日々は続いていますが、毎日かんいちがで励ましてくれているのが、救いです。

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ   
たぐっちゃん、本当にいいアドバイスをありがとう!
状況がよくなったわけではないですが、いい先生が見つかり、道が開けてきた気がします

| 20:38 | 健康の話 | コメント(6) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。